【本当にいいもの】初心者がジムで筋トレ始めるのに必要な6つのアイテムとは

トレーニング
スポンサーリンク

こんにちは。
春からジムに通ってトレーニングはじめようとしている方も多いのでは
今日は初心者の方がジムに行く際に買うべきものを厳選しておすすめします。
自分もジムに行く前にいろいろググりまくり調べました。
実際使ってよかったものなどレビューを含めて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

いったいジムには何が必要なのでしょうか?

初心者の方にジムトレーニングを始めるにあたってこれはマストで必要なものを紹介します。

  1. タオル(バスタオル、トレーニング用タオルの2枚)
  2. ウエア各種
  3. シューズ
  4. トレーニンググローブ
  5. シェイカー
  6. リストバンド、グローブ

基本的なものは以上になります。

初心者こそ形からはいるべし

ジムでかっこいいウエアや道具を使っている人を見ると思わずそれどこのとみてしまいます。
初めての場合長く続くか心配になりついつい道具に高いお金を払いたくない気持ちが働きます。

しかし初心者こそ形から入るべきです。

こんなに買ってしまったから続けなかったらバカだからねー。と自分に言い聞かせる
自分を追い込むことで長く継続できるものです。

また新しい道具を買うとその効果を試したくなるので長く続いたりするものです。

自分もアパレルという職業柄、めちゃめちゃ形からはいります。
事前に調べまくって頭でっかちになって臨みます。

そういうスタートもいいのではないでしょうか?

ジムトレーニングにおすすめな2種類のタオル

まずタオルですが2種類のタオルが必要です。

1つはトレーニングの際に使用するタオル
2つめはシャワー、サウナ、お風呂などの際に必要なバスタオルです。

おすすめトレーニングタオル

トレーニング用のタオルでの選ぶポイントがあります。
首に巻いて使用するためある程度長さがあり太さは通常のハンドタオルより
大きいのがおすすめです。

また汗を拭くので毛足のあるもの、トレーニング器具にひいて汗がたれてもいいように
使うのがマナーなため、あまり小さいタオルですと
器具にひいた際にずれ落ちたりするので幅があると便利です。

通常のタオルよりもやや長く首にまいたりかけたりすることが多いので
通常のタオルではなくトレーニング用のサイズになっているものが使いやすいです。

 

こちらは今治で毛足も長くフカフカです。私も愛用しています。
2枚セットでコスパもいいです。
またトレーニング用に計算された長さ、幅で、首にかけた際適度な
長さになり落ちません。
今治ならではのフカフカ感は一度試してみてください。

 

サウナ、お風呂用のバスタオル替わりのタオルが必要です。
バッグに入れるとかさばったり以外と重さがあるので会社帰りにジムによってトレーニング
する人は荷物を軽くしたいですよね。
コンパクトで軽量の速乾タオルがかなり使いやすいです。
キャンプ、夏のプールなどいろいろなシーンで使えるので是非買ってみてください。

シャワー用など大判のタオルのメジャーはSWANSのタオルです。
スイミングをしている方で使用率が高く、吸水率、重さ、など使いやすい商品です。
セームタオルと違いサラッとした肌ざわりで、部屋干ししても半日で乾くほどの速さで
乾きます。

メジャーでないですがコスパ重視で同じく速乾性があり使いやすいブランドです。
サイズが大きめ、小さめと選べます。
洗ったあともカチカチにならずに吸水してくれます。

 

おすすめトレーニングウエア

トレーニングウエアも必需品です。
ジムでよく見かけるのがやはりNIKE,次にアンダーアーマーですねー。
他有名なスポーツブランドのものを買っとけば問題ないかと思います。
ウエアを買うときに注意すべき点があります。

ショーツなどはランニング用などもありますがそういったものは小物が落ちないように
おしりなどポケットにジップがついていますがこれがトレーニングの時に寝たりすると
当たって痛いことがあります。
ウエアはトレーニング用のものを購入するようにした方がいいです。

Tシャツなどはかなり汗をかくので吸水速乾の生地がおすすめです。
汗をかいてもさらさらをキープでき初めて使ったときは驚きでした。
ほとんどの方が吸水速乾のTシャツなのでマストで購入しましょう。

またタンクトップ、ノースリーブなどは初心者の方は避けた方がいいです。
中級から上級者の方が着ていることが多いので初心者で筋肉がないとちょっと恥ずかしい
のとタンクトップはベテランの証みたいな暗黙のルールがあり皆に一目置かれるので
筋肉を見せれるくらいになってからデビューをおすすめします。

おすすめトレーニングシューズ

シューズも各社からでていますがベンチプレスなど重量の重いトレーニングを
しやすいように足が素足感覚にちかい薄く、硬いソールを使っているのが特徴です。

また有酸素運動でランニングする予定の人はあまり薄手のソールにしすぎないように
少しクッションのあるものも視野にいれるといいでしょう。

会社帰りにトレーニングをしたい方は超軽量のシューズをおすすめします。
150g前後のシューズが多く出ているので持ち運びにはノンストレスです。

ソールはラバーでグリップするものが必需品です。
グリップがあるものにすると踏ん張りもきき高重量の取り扱いがしやすく
なります。

ソールがしっかりしたラバーソールを使用しているので高重量を使用しても
足のグリップがサポートしてくれます。
またランニングなどの有酸素運動にも対応できます。
重さ136gとバッグにいれても全く邪魔にならない重さです。
この上のブランドでVIBRAM社のものもありますが値段も高く
私はこれを使用していますが全く問題ないのでおススメです。


こちらはさらに軽量でサブ的なシューズとしても使いやすいシューズです。
グリップ力はやや落ちますがそんなにヘビーなトレーニングをしない時やヨガや軽いトレーニング
の時は軽量で携帯しやすさ重視でこちらが使いやすいです。

トレーニングに必要なおすすめシェイカー

トレーニング中はかなりの汗をかくので水分補充が必要です。
その際にエネルギー補充でBCAAなどを皆さんとってトレーニングをしています。
水分補給と集中力アップ、筋肉の分解を防ぐ、筋肉のパンプアップなどさまざまな効果の
あるサプリメントを皆さん取っています。

最近のものは非常に美味しくほぼジュースです。
色々なサプリを混ぜたり、色々なメーカーが工夫しておいしい味をだしています。

ジュース感覚で摂取するのがトレーニングの一つの醍醐味でもあります。
自分も新しい味を買ったときなどトレーニングが楽しみです。

その際シェイカーで呼ばれる粉のサプリを水で振ってまぜるのに使用します。
今や女性からお年寄りまで皆さんシェイカー持参でトレーニングしています。

ジムでよくみるおすすめシェイカーを紹介します。

シェイカーを買うと俺ってトレーニーだぜと気分が上がる

のは私だけでしょうか?

こちらがザバスのシェイカーでジムでも使っている方も多いです。
使い勝手などもありますがデザインのロゴのカッコよさや
これを使っているとプロっぽい!など
もともとプロテインなど出しているメーカーのシェイカーで
最近はコンビニなどでプロテインドリンクも出していますが
中身をこの会社のを使わなくてもシェイカーはかわいいからザバス!
というミーハーなチョイスもありです。
実際シンプルな構造で洗いやすくメモリも透明で見やすいです。
赤のデザインも目立っていいですね。

私が愛用しているブレンダーボトルは外観のデザイン、機能性にすぐれています。
飲み口がつくられていて飲みやすく、ブレンダーボールという
ワイヤーのボールがつきます。
これでシェイクすると特にプロテインが混ざりやすくダマにならないで重宝します。
またザバスと違って中身が半透明で見えずらいので何飲んでるんだろうとか
周りにしられたくないとか結構シェイクして泡が透明だと汚く感じる人は
コチラがおすすめです。
また上位アイテムで底にプロテインやサプリをいれてトレーニング後すぐに
BCAAからプロテインに変えて補給できたり便利です。
取り外しもきくのでついてて困らないのでこちらもおすすめです。

初心者こそリストバンド、グローブを買いましょう

はい。最後に一番重要なアイテムです。
リストバンドとグローブです。
初心者の方は恥ずかしがって買わないで始める方が多いですがこれ逆です。
初心者こそ買ってください。

自分も始めはつけていませんでしたが最初の1か月で手首を捻挫しました。
初心者はフォームがまだ定まっていないため手首に負担をかけたり重さも自分に
あった重さを分からず結構無理して手首を痛めたりします。

また普段なれていないためすぐ豆ができたりします。
グローブをつけるとグリップも1.5倍くらいしやすくなり重いものにも対応でき
トレーニングの効率もグンとアップします。

自分も早く買っておけばよかったーと思ったアイテムがグローブでしたので
おすすめアイテムです。

私愛用しています。すごく作りがいいわけではないですが安くてコスパもよく
ガンガンあらったり使用していますがレビューほど壊れたりしていません。
グローブは指の付け根のとこにクッションがついているものと
ついていないものがあります。
こちらのついていないとグローブをしていても豆ができるので購入の際に
クッションがあるものがおすすめです。
リストバンドとグローブの一体化ですべてのワークアウトをカバーします。

ハービンジャーはアメリカのトレーニングメーカーのものです。
デザインもシンプルでかっこいいです。
ジムでもしている方もいますしごつごつしたリストつきのものが嫌で
グリップをしやすいものだけでいい人にはおススメです。
ヘビーな重量を扱う際はリストを巻けるものがおススメです。

 

シークはアメリカで25年以上の歴史のあるトレーニングメーカーです。
ここのラインいりデザインをまねたブランドが数多くでるほど人気のブランドです。
手首を一番ホールドしてくれるので安心して高重量にトレイできます。
ジムでも愛用者が多いです。
レビューを読むと皆さん手首を痛めて早く買えばよかったと言っています。
初心者こそ初めからつけていただきたいアイテムです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
トレーニングを始めるときに必要な6つのアイテムを紹介しました。
皆さんもどんどん買ってしまって自分にプレッシャーをかけて追い込みましょう。

かっこつけるのは重要だと思います。
トレーニングの醍醐味は自分が変わっていくことを体感でするとどんどん楽しく
なりますのでアイテムもかっこいいものにしてトレーニングを楽しんでください。

今日はこのへんで

コメント

タイトルとURLをコピーしました