なぜ魚はびちびちするのか?健康にいいタンパク質は魚だった。

ダイエット
スポンサーリンク

カインドオル_アウトドアブランド20%買取UPキャンペーン

こんにちは。

ダイエット筋トレなど健康にかかせないのが食事です。
今日はその中でもタンパク質について意外と皆さんが知らない
動物性たんぱく質をとるには魚がいいという話です。

スポンサーリンク

動物の体温について

動物性のタンパク質を摂取する場合大きくわけて魚、鳥、牛、豚にわかれると思います。
それぞれの違いは体温になります。

体温の低い順番から並べると

魚<豚・牛<鳥

となります。

それぞれの体温は

魚9度 豚.牛39度 鳥42度

となっています。

人間の体温が大体36度くらいなので人間よりも高い温度の油が人間の体内に入ったとき
に溶けずらいのです。

もし36度で溶けてしまう油であれば豚、牛、鳥の体内ですでに溶けてしまうわけですから
人間が食べて体に入ってもなかなか溶けないわけです。

 

牛や豚の肉には飽和脂肪酸という油がたんまりです。
バターなどにもはいっており体で溶けにくいのが特徴です。
よって脂肪となりやすくダイエットには向いていません。

逆に魚の油には不飽和脂肪酸がはいっており低温で溶け液体状になり
サラサラになります。
また血液もサラサラにしてくれます。

なぜ魚はびちびちするのか?

生きた魚を手で捕まえたことがありますか?

魚の体温は9度ですから36度の私たちがつかむと4倍の温度につかまれていることになります。
人間でいえば120度くらいの人に腕をぎゅと掴まれたら

あちあち!!

となりますよね。
魚を捕まえるとびちびち!!!と跳ねるのは

あちあち!!となっているからなのです。

つまり魚の肉は低体温なために人間の体の中で液状に溶け吸収されやすく脂肪になりにくいです

魚の油の中に含まれる不飽和脂肪酸は血液をサラサラにします。
また中世脂肪や悪玉コレステロールを減らす効果があり
動脈硬化などを予防してくれます。

肉、豚、鳥はほどほどに

牛や豚などの肉に多い飽和脂肪酸は人の体温では溶けにくいです。
それが血管壁にこびり付くと動脈硬化を起こして石灰化の元になるのです。
肉は消化が悪く腸に長く滞在しながらへばりつく為に長期にわたって蓄積されていきます。

牛肉の霜降り肉は本当に高級なお肉でない場合は肥料をどんどんあげて太らせた肉なので
脂肪がたっっぷりです。

この脂肪がおいしいに繋がってしますのですが脂身が多い肉はほどほどにしたほうが
健康にいいです。

飽和脂肪酸を多く含む豚、牛、鳥などの肉は体をつくる際にたんぱく質を多くとることが
できますが半面分解しずらい脂肪も多くとってしまいます。

日本人はもともと農耕民族な為腸が野菜などを消化するため1.5倍くらい外人よりも長い為
より多くの油を腸に残してしまいます。
できるだけ魚を食べたほうがよさそうです。

今日はこのへんで。

さかな暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました