アパレルMDの仕事 商品計画の作り方

アパレル
スポンサーリンク

こんにちは。
今日もMDのの仕事について書いていきたいと思います。
MDの仕事はブランドの多岐に渡りますがその中でも一番中心の仕事とはなんでしょうか?

アパレルMDの仕事の一番重要な仕事に商品計画の作成があります。

そもそもMD(マーチャンダイザー)とは5適を抑え商品計画を作成することです。

スポンサーリンク

アパレルMDが知っておくべき5適とは?

5適とは5つの適正のことをしめしています。
これをおさえた商品計画を作る必要があります。

  • 適品・・・お客様のニーズを抑えた魅力ある商品
  • 適所・・・商品が必要な個所、店舗などに投入されフェーシングされお客様の目に触れること
  • 適量・・・必要な量、点数の準備、生産のコントロール
  • 適価・・・適正な価格で値段を設定すること
  • 適時・・・適正な時期に投入、販売、のプランを設定すること
  •  

以上の5適を理解して商品投入計画を作成します。

絶対しっておくべき商品投入計画の作り方

MDという言葉の意味自体が商品化計画という意味ですからまさにこの仕事がメインの仕事です。
もちろんセンスがあるのにこしたことがないのですが
ここで求められるのはそれよりも商売センス特に店舗での経験が生かされることが多いです。

この時期はこのアイテムが売れるとかこのオケージョンの時期にはこの商品が売れるなど
現場上がりのMDがおおいのはそういった経験が生きてくるのです。

さて商品投入計画の作り方ですがさまざまなサイトにもでていますが
カレンダー上で一目でわかる投入MAPが一般的かと思います。

商品写真を張り付けして月ごとにいくらのものが何点入荷するかを目に見える化します。

またMAPにはそれにあわせて季節イベント、オケージョン、など何をどのタイミングで
何点販売するのかを明確にします。

その商品MAPをもとにファサードのプランやディスプレイ、VP、PPの具体的な店舗での
陳列や打ち出しを明確にしていく流れになります。

ディスプレイ、VP、PPなどはまた違い機会に紹介したいと思います。

商品計画作成のコツと気をつけること

商品計画の作成方法は様々なサイトで調べればでてくるので簡単にしておきます。
どんな形であれ商品の入荷、販売スケジュールで一目で見やすいものができれば問題ないかと
思います。

それよりも作成時に気を付けることがあります。
業務形態にもよりますが大きくわけてSPA,セレクトの2種類になってくると思います。

SPA形態でのよくある失敗例をあげます。

商品計画を作成するMDが本部のスタッフだとついついトップダウンの販売計画を作成して
しまいがちです。

この月に何点売るとか現場の意見を聞かずに作成された商品販売計画を作成し
結果全く目標点数に届かない。

といったことが多くあります。

これは商品の生産LOTなども問題もありますが現場の販売力や現状を
無視しているため起こりがちな例です。

こういったケースを解消するコツはまず

店舗の成長戦略をしっかりくみたてることです。

アイテム、ブランドを現場と一緒になってどう伸ばせていけるのか?という現場目線の成長戦略をしっかり組み、具体的にどのアイテムを何%UPさせるのかしっかり組む必要があります。

SPA業態は商品開発ありきになりがちです。この値段にするにはこのLOTでつくらないとという本社側の都合が現場に無茶なノルマとなってしまうのです。

セレクトの場合は商品計画作成の際の一番のネックは
他社からの仕入れ商品の為に納期のコントロールができないことです。

特に海外ブランドなど半月くらいの納期の遅延はざらにあります。
もちろん納期遅れで値引きなどもしますが一番の大型連休にまにあわないとか
イベントを組んでいたが間に合わないなど販売期間も短くなり
計画していた点数が販売できないことがネックになります。

他社仕入れが自社生産を上回る店はこういった細かい商品計画が台無しになるケースが多いです。
昨今のセレクトショップも味付けとしてはインポートを仕入れますが
メインの販売としては自社ブランドで構成するショップが増えているのが現状です。

まとめ

商品計画の作成はお店の行動カレンダーを作成するようなものです。
どういった商品がどの時期にどのくらい入荷するのか?
これを把握して店頭では商品の前振りを行いやすくなります。

販売計画は店舗の成長戦略とリンクした販売数量を設定する必要があります。
店舗とMDが一緒になり一丸となって店舗の売上アップのカレンダーを作成するのです。

また商品仕入れ、生産など納期のしっかり読めるブランド、メーカー、工場とタッグを
組んで計画を立てる必要があり注意が必要です。

今日はこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました