アパレルMDの仕事とは?ブランドの成長とアパレル業界の現実

アパレル
スポンサーリンク

こんにちは。
こんなタイトルにしてみましたがいやーここ数年のアパレル業界は厳しいです。
そんな中でブランド、店舗がどう生き残りをしていけばいいのでしょうか?

そもそもなぜここ数年でアパレル業界が厳しくなってしまったのか?
色々な原因があると思いますが数年前にファストファッションが流行っていきました。
H&M,ユニクロなど世間の人たちはこんな安く洋服が買えるんだと思ったものです。

そうですよね、僕も100均ショップが流行ったときは文房具がほとんど100円でそろってしまいます。
昔自分が高いお金をだして鉛筆やらノートやら買ったのがほとんど同じクオリティで買えてしまう。

「なんじゃー金返せー!」

と思ったものです。
ファストファッションしかり、アパレル業界のタブーであった原価率とかこんな安く洋服作ってたのなど世間の人々は気が付いてしまったわけです。

それにあわせてアウトレットの流行、木更津やら入間やら関東周辺にアウトレットがどんどんできていきます。
いままでアウトレットというと関東からもちょっと遠いとこにありましたがどんどん近場にできていきます。
よりゃあ今までのエンドユーザーの人たちがみなUNIQLOやらZARAやらで大量に
買ってしまうわけですから商品が余りますし、そういった在庫のはけ口とか受け皿として
アウトレットができていきます。

そしてEC(イーコマース)による消費の変化
これも大きかったできごとです。

ZOZOTOWN筆頭に楽天など洋服をECで購入する流れが流行っていきました。
流動客の多いECサイトは格好のセール商材のはけ口として利用されていきます。
しかしセールの消化が進んだ半面デメリットも浮き彫りになっていきました。

アパレルECサイトが流行ったデメリットとは?

 ECサイトでのセールの消化は各ECサイトを巻き込んでOFF率、クーポン合戦となります。
本来セールとは影で内緒でやっていくものです。

 自分が買ったものがそうそうにセールになっていたら腹がたちますし、もう2度と買わねーと
思った方も多いのではないのでしょうか?


 またどこよりも安くという家電量販店のような風潮が蔓延しクーポン値引き、
セール時期の前倒しなど本来のプロパー消化の期間を短くしてでもECサイトで
売上を作らないと経営できないとか他社で安く買われてしまうなどといった
セール体質に業界全体が変化していってしまうのです。

 ECサイトの繁栄はアパレル全体が価格.com化しあっちで安い、こっちで安いということが全国規模での格安合戦となり本来の地域密着や地域一番店などの地元のお店も
日本で一番安くないと勝ち残れない構造となってしまったのです。

アパレルECサイトの市場規模はどうなってるの?

ではここ数年のアパレルのECサイトの市場規模をみてみましょう。

2016年 1兆5297億円 
2017年 1兆6454億円
前年比7.6%アップ
EC比率 10.93%から11.54%

となっています。

これは電化製品が30.18%のことから見るとまだまだ低いですがかなり大きな市場規模になってきています。
そもそも洋服はECとは相性が悪くサイズ、素材感など試着して手で触れてみて購入する要素が高く高単価なものほどよういった傾向があります。

ECサイトの成長とともに量販ブランドとハイブランドとのマーケットの差別化も進んでいきがちです。

それもそのはず電化製品のような工業製品とちがって天然繊維やまだまだ職人が手作業で行う繊細な工程も多いですから大量生産、大量消費の商品にすべてのブランド、商品が以降できるわけではありません。

ブランドに求められる今後の課題とは

2018年昨年末ZOZOTOWNのARIGATOの突然のスタートによって各会社、ブランドはこれを機にブランドの方向を変更するいい転換点とならざるを得ませんでした。

ARIGATOはZOZO会員に一律の値引きをする会員割引制度だがこれのスタートが突然行われ
あたかも全商品が値引き販売している表示に変わり業界に波紋を呼んでしまいました。

アパレル業界全体が近年セールの前倒しのトレンドを食い止めようとして足並みをそろえるベクトルをZOZOTOWNが地雷を踏んだ形となり大手のメーカーがZOZOからの撤退の意向を発表する形となっていきました。

これは各ブランドが今の現状を振り返るいいきっかけになったのではと思います。

アウトレット、ECによるセールなど大量生産、大量消費の時代が終わりました。
今後のブランドのあり方は他にない付加価値、ブランドの差別化が必須になっていきます。

そもそもブランドというもの自体が価値でありセールを強めることでブランドとしての価値を落としてしまったのです。

今後のブランドの課題とはブランドの価値をどう上げていけるのか?
そこには商品の前のさまざまなクリエーションが必要になってくると思います。

ブランドの価値をつくるクリエーションとは

近年のコラボレーションブームでブランドを活性化、リブランドがはやってますよね?
ちょっと前ならSUPREMEとNORTHFACEとか
最近はセレクトショップもいろんなブランドとコラボして差別化を図っています。

今後ブランドやお店の価値を上げていくためにそういったコラボや芸能人に
ブランドの服を提供したりYOUTUBERとコラボしたりブランドの
付加価値をあげつつ小ロットMDで枯渇感をだしながらセールにしないブランディングが主流になってくると思います。

商品自体の質がよかったり、デザインがよかったりすることは当たり前ですが
その手前の消費者に商品を訴求する際の
ブランド価値や商品の話題性作りなどのクリエーションが必要となってくるのです。

本来洋服のもつ着ると気分があがったり洋服を着て他人との差別化、個性を表現できる
楽しさや付加価値といった本来の意味を取り戻していかなければなりません。

まとめ

いかがだったでしょうか?
みなさん1年感にアウターを何枚買いますか?

1枚も買わないとか昨年のを着るとか多いのではないでしょうか?
電化製品は高いほど性能がよくなっていますし、なお毎年機能がアップしてますが洋服ってなんでこの値段なの?とかいうものも正直おおいですよね?

でもいろんなことが明るみになって市場が厳しくなってきていて今後は無駄な消費でなく
本当にいいものや値段だけでなく買ったことでブランドの所有欲やステータスを感じれる服、機能性の値段に見合った服、セールにならずに他の人と被らずに個性を表現してくれる
そんな服が成長していく時代になっていくのだと思います。

今日はこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました