ダイエットしながら お酒をのんでも太らない方法

ダイエット
スポンサーリンク



こんにちは。

皆さんダイエットしていますか?

夏がおわって結構ビールとか飲みすぎて太ってしまった人も多いのではないでしょうか?
秋ですし運動してダイエットしたいとこですが秋は秋でご飯おいしいんですよねー。

お酒飲みながら太らない方法を理解しているだけでも大分違いますので
今日は紹介したいと思います。

スポンサーリンク

お酒を飲んでもふとらない方法とは?

脂肪燃焼のメカニズムを知らないといけません

人は活動している時は体のエネルギーを燃やしています。

その際に脂肪を燃焼させていくことでダイエットできるのですが
お酒が体内に残っている時、アルコールから分解して
エネルギーに変えるため脂肪燃焼がストップするのです。

アルコールは体に悪いものです。

体に悪いものから分解して排出しようとするので
先にアルコールから燃焼させエネルギーをつくりだすことになります。

よって脂肪燃焼がストップする。

アルコールとつまみをとると脂肪がつく

 

当たり前ですが食べ物はの二つに分解できます。

タンパク質、脂質  肉、豆、魚とか

炭水化物=糖  ごはん、うどんとか

炭水化物は体を動かせばエネルギーをつくる。

動かさなければ肝臓に蓄積されます。
肝臓に備蓄できなかった分は脂肪に変わります。

アルコールは肝臓で処理されエネルギーに変えています。
アルコールを処理している間は少量でも炭水化物を処理する暇がないため
炭水化物は全て脂肪となってしまいます。

たんぱく質、脂質は新陳代謝に使われています。
細胞を新しくつくりだすために必要な栄養です。

しかし同じく必要以上の摂取の場合は余ってしまい脂肪に変わる。

 

肉、魚など飲みながらとっていると
必要なエネルギーに変換しようとするが
アルコールを同時に取っている時にはアルコールを優先して
エネルギーに変換している最中なのでたんぱく質が脂肪へと
かわりやすい状態となっている。

ほとんど脂肪へと変わってしますのです。

どのようにお酒を飲めばいいのか?

糖質の入っていない蒸留酒はOK

焼酎

ウイスキー  ですね。

糖の入ったアルコールは太るのでNG

日本酒

ビール   

蒸留酒であればアルコールはエネルギーになるが脂肪になることがないので
量はどんなにのんでもOKです。

焼酎、ウイスキーならどんなに量を飲んでもいいのはありがたいですね。

一緒のつまみはどういったものがいいの?

アルコールと一緒に食べるつまみは

まず炭水化物はNGです。

アルコールが肝臓で分解中なので全て脂肪になってしまいます。
うどん、ごはんなどはしめで食べたくなりますがガマンです。

タンパク質、脂質は少量ならOKです。
お肉やお刺身などはいっぱい食べすぎないようにして上質なものを
少量とって満足感をアップしましょう。

サラダ、枝豆、スルメなどの低カロリーのものを中心にして食べましょう。

アルコールを入れている分ハイカロリーになりやすいので
普段よりも低カロリーのものを選ぶくらいでちょうどいいです。

まとめ

これらのお酒の飲み方を守れば週に3,4回くらい飲んでもふとったーという
ことはないと思います。

ダイエット中は蒸留酒を飲むようにしてください。
糖があるお酒も少量なら私はいいとは思いますがつまみとか飲む量を
工夫してうまくつきあってくださいね。

ダイエットの成功する方法はストレスをいかになくすか?

のほうが大切だと思います。

皆さん一気にダイエットをしてどか食いしてリバウンドしてしまいがちです。
お酒もたまに取り入れてやると精神的にも楽なのでおススメです。

皆さんうまくお酒と付き合ってくださいね。
今日はこのへんで。



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました