中古マンション リノベーション 物件の選び方の極意

日々のつれづれ
スポンサーリンク

こんにちは。

中古マンションをリノベーションを決意し奮闘した備忘録を

書いています。

今日は実際の物件選びのコツを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

リノベーションの時どんな物件を選べばいいの?

リノベーション物件を選ぶ時前にまず当たりまえですがその地域に住みたい

マンション自体がいい!気に入った!など自分が妥協できないポイントをクリアしていないと

いけません。

人によってこだわりポイントが違うと思いますが私たちの場合は

  • 子育てがしやすい環境
  • 駅10分以内
  • 広さ
  • お値段
  • そこそこ築浅

でした。

子育てしやすい、周りに学校や幼稚園、保育園が多いか?治安がいいか?

公園とか買い物、スーパーなど基本的なことをクリアしている。

駅徒歩10分以内などを中心に探しました。

また最近は災害なども多いのでハザードマップなども確認した方がいいです。

台風で浸水するような川に回りとか低い地域などは避けたいところです

リノベーション物件は築浅がいいわけではない

条件にそこそこ築浅と書きましたがリノベーション物件の時は

築浅が必ずしもいいわけではない時があります。

大手ゼネコンがマンションごとリフォームしている古い物件などは部屋のなかを

そこそこに綺麗にしてしまっていたりします。

これからリノベーションで壁こわしたりお風呂や洗面をとっかえようとしている

私たちには綺麗になっている分物件の価格が上がってしまっているケースが

よくあるのです。

大体200~300万のリフォームがされてしまっていたりします。

しかしながら場所や物件を気に入ってしまえば新品の部屋をまたぶっ壊して

リノベーションする強者もいらっしゃるみたいですが

私たち夫婦はぎりぎり予算なためそんな物件よりもなにも手つかずのぼろぼろ物件

で激安のほうがお宝なわけです。

 

水回りは修繕されているのか?

ここは中古マンションを買うときにリノベーションでなくてもポイントになりますが

築30年くらい前の物件になると排水管が鉄などでできていてちょうど腐りだしたりしてくる

年数なので世の中のマンションは積み立てをしてこれを塩ビの配管にかえる工事をしているのです。

いくら古い物件であってもこの工事が終わっているのが望ましいです。

この工事はおそかれ早かれやらなければ水漏れに繋がるため必要な工事です。

リノベーションの後にやっていないと通常マンションの見取り図をもとに大規模修繕を行い

壁に穴をあけて交換したりするのですがこちらはリノベーションする気満々なわけで

へんなとこに壁を建てたものならその壁に穴をあけてください。なんてこともあり得ます。

また自費で専有部分の塩ビへの交換もコストがかかってしまします。

最悪マンションが鉄管のままでも修繕積立金がたくさん溜まっている物件か確認しましょう。

不動産屋さんに聞けば調べていただけます。

リサーチパネル

ぼろぼろなのは問題ない

リノベーション会社の方と物件を一緒に見て回ること 20軒くらいみましたが

次第にできることが見えてくるとボロボロの物件でもOKになってきます。

たとえば床はやろうと思えば全部はがす。

予算があれば床暖房もいれれるので畳だろうがタイルだろうが関係ないです。

(リノベーションで床交換が一番お金のかかる部分ですが・・・)

天井が汚い、低いも   天井取っちゃえばいい。

トイレが汚い、ユニットバス も 全部新品に好きなメーカー好きな間取りに変更できる

もちろん大きなバスタブにもできるしヒノキ風呂でもなんでもOKです。

キッチンが狭い、汚いも  全部フルリフォーム、自分の使いやすい形、サイズに変更

ちなみにうちの奥さんは背が高いので市販のキッチンより高めのキッチンに変更しました。

などなど全て自分の好きにできるのがリノベーションの魅力です。

よって臭いがするような物件とか畳と押し入れの古い物件とかいっぱい見ましたが

全く中は気にする必要がありません。

内見でみているのは間取りの広さとどこにどういう部屋にしようかななどのイメージの為

見に行っている感じでした。

それこそ窓際にお風呂にすることもできるのです。

物件の環境だけはかえられない

物件の内装は全て帰れますが周辺の環境などはもちろん変えることはできないので

マンション自体が古すぎないか?とか

管理人がいるか?

窓からの眺めは?

など物件の絶対変えられない条件のところはこれから長く住むわけですから

しっかりチェックしましょう。

いかがだったでしょうか?

次回はリノベーションにかかるお金の面について書いていきたいと思います。

今日はこの辺で。



コメント

タイトルとURLをコピーしました