糖質制限とランニングでのダイエットはやめた方がいいわけ

ダイエット
スポンサーリンク

こんにちは。

ダイエットを始めるのあたり皆さん糖質制限を始める人が多いと思います。
糖質制限は簡単に痩せれるというメリットはありますが
その分デメリットも多くあります。

スポンサーリンク

糖質制限とダイエットを同時にするのは危ない!

糖質制限はお菓子など甘いものやご飯や麺など糖分をシャットアウトする食事法です。
完全に止めなくても夜のごはんをやめたりするだけでもダイエットに効果があります。

ところがランニングと併用すると危険な場合があります。
ランニングは短期間がカロリー消費を大量にします。
その際にエネルギーをかなり必要とするのですが糖分をとっていないと肝臓から糖分を
吸収します。

しかし糖質制限で糖分がないわけなので体が糖分にかわるケトン体というものを代替えで
つくりエネルギーとするのです。

すごいぜ。人間の体

ランニングの強度によりますがフルマラソンなどでは30kmくらいが肝臓の糖分がなくなり
きつくなるポイントになります。

 

しかしケトン体を作ったり他にも尿に変えたり肝臓はフル回転です。
極端な糖質制限とハードなランニングはダブルで糖質の急激な消費を早めそれにより
肝臓にも普段以上の過酷な負荷を与えることになり肝臓機能が落ちる危険があります。

健康診断をしたら肝臓がD判定に

糖質制限をし健康診断をしたらダイエットは成功して中世脂肪率などはおちましたが肝機能が
D判定。
お酒もやめ健康体になっていた気がしていましたがなぜ!

長期の糖質制限によって徐々に肝臓にダメージがでていってしまったのです。
健康のために始めた糖質制限ダイエットですがこれでは本末転倒です。

糖質制限は悪くないがバランスが重要

個人的な経験になってしましますが糖質制限自体はきちんとコントロールすればダイエットには
効果的です。
しかしバランスよく食事をして痩せれるにはこしたことはないと思います。
極度に一切糖質を断つというやり方はバランスが悪い食事になるので体にとってはいいことでは
ないということです。
夜のごはんをやめるとか軽めに糖質制限をするほうがいいと思います。

また糖質制限をしているならランニングはしない。ランニングでダイエットするなら糖質は
ある程度取るといったバランスがおススメです。
どうしても一気に痩せたいなど期間限定で糖質制限をするなどした方がいいと思います。

筋肉アップにも糖質が必須

ダイエットだけでなく筋トレの際もプロテインだけでなく糖質が必要です。
よくプロテインだけを飲んでいる人がいますが筋肉を合成する際たんぱく質とエネルギー源として
糖質を必要とするのです。
その際完全な糖質制限をしていると筋肉の合成を阻害し肝臓に負荷を与えてしまい筋肉もつかないと
いった負のサイクルになってしまいます。

マルチデキストリンは甘すぎなくBCAA,プロテインなどに混ぜてのむと効果的です。
コスパも高くトレーニングの質が向上します。
私も使っていますが筋トレのパンプ感もアップします。

まとめ

糖質制限をすると糖質自体が引き寄せる水分もカットされ体重が一気に減りますが
それに加えてハードなランニングをすると栄養不足で肝臓がやられてきます。
トレーニングの強度によりますがバランスよく行ったり短期間で取り入れ単調になったダイエット
に刺激をいれる意味で行ったりしてくださいね。

今日はこのへんで。

さかな暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました